2019
08.14

【不動産投資】世田谷尾山台ハウスの投資戦略

不動産コラム, 不動産投資

No.1 投資戦略から物件分析、経営管理までトータルサポート

世田谷尾山台ハウスでは
以下のトータルサポートを行っております。

・投資戦略と出口戦略
・物件の選定とご紹介
・物件査定・収支分析
・経営管理のサポート

 

収益物件を取り扱ってる多くの場合は、物件紹介から契約までが一般的ですが、世田谷尾山台ハウスではクライアントの目的と目標をクリアできるようにトータルサポートを行う不動産マネジメント業務を行っております。

設定した目標地点に辿りつけるよう、リスクを共有しながら二人三脚で進めていく、そんなイメージが分かりやすいかと思います。

あなたの目標は何ですか?

  • 相続した不動産を次世代へとつなげたい
  • まとまった資産を活かしたい
  • 将来の収入源を確保したい

不動産投資は独学で初めても勿論いいのですが、多くの勉強を要します。多くの人が不労所得を夢見て大切な資産を元手に始めますが、いつの間にか大切な資産を失ってしまうケースが多いのも不動産投資の世界です。何故なら、本当に結果を出すにはマーケットや各指標や分析力、物件選定力、経営マネジメントなど複雑な能力と分析が必要になるからです。これらが出来てはじめてリスクを極力抑え、収益を上げられるのが不動産投資ともいえます。

No.2 表面利回りで判断するのは危険

不動産投資にはリスクがつきもの。そのリスク想定をした上で、5年後、10年後の出口戦略を視覚化していけます。

・空室リスク
・金利変動リスク
・経済等の市場リスク
・維持管理上のリスク

様々なリスクを想定し、実際の収支や損益ポイント、インカムゲインとキャピタルゲインなどの出口の想定が可能です。

不動産投資分析に必要な各指標とリスクを総合分析することで物件を絞り込んでいきます。物件の募集時に記載されている表面利回りには固定費をはじめ、上記のリスクの想定は含まれていません。物件の価格が訂正なのかさえも判断がつかないのです。

10年保有した場合の出口が見える物件査定シート

数十年の経験値を集約した当社オリジナルの査定シート。投資判断には判断基準となる指標がいくつかありますが、この査定シートではこれらが一目で分かります。また判断ポイントとなる指標だけでなく、収益還元法、直接還元法から割り出した妥当な価格の目安や、中長期保有した場合のインカムゲインやキャピタルゲインの想定も可能です。

No.3 物件選定も重要ポイント

入居者やテナントが退居をした場合の想定も重要

✔ 空室リスクを軽減する

不動産仲介の豊かな経験で磨いてきた物件選定能力

投資判断指標と同じく重要なのが物件のポテンシャルです。現在の入居者やテナントが退居した場合、次の入居者やテナントが決まるまで賃料収入は入らないので収支は一気に悪化します。そのため”いい物件を選ぶ”こともサポートしています。これから人口減少がますます進む中、物件の明暗はより分かれていくといっても過言ではないでしょう。クライアントの目標に近づける結果を出せるか否か、先述の投資分析と同時に物件選定を行い出口戦略を想定して投資の判断をしていきます。

No.4 賃貸経営管理サポート

物件は”所有する時代”から”経営する時代”

ただ所有しているだけで安定収入が得られる時代ではなくなりました。今後、空き物件は増えていくだろう中で経営管理能力も重要。

世田谷尾山台ハウスでは、購入後も『賃貸経営管理』のサポートを行っております。入居者・テナントの対応や管理上の応対はもちろんのこと、物件のポテンシャルを活かし、資産価値を落とさないための経営面でのアドバイスやバリューアップの方法など、よりクライアントの目標に近づけるようマネジメントしていきます。一任されるクライアントも多く、ご多忙のかたでも、遠方にお住いのかたにもご安心いただけるよう努めてまいります。

No.5 各専門家とのリレーションシップ

不動産の所有に必要なのは
不動産会社だけではありません。

税務申告やアドバイス、トラブル解決の弁護士、修理業者や資産の成長に合わせた各専門家とパートナーシップを結んでおります。

不動産投資には税務申告やトラブルの解決もセットと言えるでしょう。必要に応じて各専門業者のご紹介も行っております。例えば法人化のサポートや、確定申告時に役立つ収支レポートの作成、トラブルがこじれた場合の法的措置など、不動産全般のサポートができるようバックアップしています。資産を作る、増やす、確保するなどご興味がありまたらお問い合わせください。

➡➡ 不動産投資コラム一覧はこちら