業務案内

世田谷尾山台ハウスの不動産マネジメント

はず初めにヒアリングを行い、問題点やご要望、目的を確認させていただきます。不動産の場合、購入するにしても、売却するにしても、維持管理し続けるにしても、方法や手段はさまざまあり、また物件のポテンシャルによっても活かし方が違ってきますし、家族構成によっても方向性は変わります。

クライアントの要望や将来像に最適な選択ができるよう提案するには、ヒアリングは欠かせません。まずはそこからスタートいたします。


居住用不動産の場合(マイホーム)

マイホーム購入の場合は、物件のご紹介だけでなくご希望に応じて購入計画からサポートいたします。


例えば、住宅ローンの返済とお子さまの教育費の重なる時期を想定して、購入後の返済に困らないような予算設定をしたり、物件にも様々な種類がある中で、住まいに対して何を重要視しているのかによって物件の選び方も違ってきたり、住宅ローンを組む上でネックになる部分を事前にスッキリさせたり、やるべき順序をフォローしたりすることも可能です。

20年~30年と続く住宅ローンの長期間にわたる返済の間に、仕事やお子さまの環境に変化があったり、不測の事態が生じたり、予めリスクを想定した上で購入することで、いざという時にもゆとりをもって対処でき、資産を手元に残すことで、その先の選択肢もつながるようにサポートしていきます。


収益不動産の場合

不動産投資をして資産形成したいかた、先代から相続した物件を所有されているかたには「目標」や「目的」を伺い、どのようなルートがいいのか目的地と方向性を定めます。


購入前に出口戦略を描きつつ、当社で試算・分析・査定を行い、各指標をクリアした物件をご紹介しています。購入前に、大まかな年間な収支や純利益、数年後の売却予想価格、トータルのリターンなどが契約する前に予測をたてることができます。

購入後は入居者やテナント対応や保守管理に努めつつ、収支改善やバリューアップの可能性を図り、より良いパフォーマンスを目指します。