頭金はあったほうがいいか、なくても大丈夫か。

最近は頭金がなくても購入できたり、”頭金+諸費用”も含めた物件価格の100%以上の住宅ローン商品もあります。また正社員じゃなくても借り入れのハードルが低くなるなど、多くの方が”賃貸か購入するか”が容易に選択できるようになりました。

頭金あり、頭金なしの違い

頭金の準備がない、或いは少ない場合は”住宅ローンに頼る”ことになります。購入できる希望額が借り入れできて、なおかつ返済できれば、現在の低金利効果で家賃と同等もしくはそれ以上の物件に住むこともできるし、団体信用保険に加入すれば、万一のことがあっても家族を守ることもできる。

一方で自己資金をある程度準備している場合、住宅ローンに頼るのではなく”住宅ローンを活用する”という方法をとることができます。住宅ローン減税や生活費、人生計画によって、自分に最適な戦略がとれる、ということも可能になります。その上、その後のライフスタイルの変化に伴い、「住み続ける」「住替えする」「貸す」などの選択肢も広げることが可能になります。

よって、頭金はなくても購入できるけれど、あったほうがより自分が楽になり、ライフスタイルの変化にも対応でき、その後の生活設計の選択肢も広がる、ということになると言えます。

頭金の目安額とは

多くの金融機関が一つの目安としているのが”頭金2割”かと思います。例えば、4,000万円の物件の場合は800万円。5,000万円の物件なら1,000万円。そう簡単に貯められる金額ではないのも当然でしょう。一方で貸す側の立場から見れば、2割準備できていれば、より信頼度が上がることは想像がつくと思います。住宅ローン審査の提出書類で、その人のこれまでの経緯やお金の使い方は可視化できますから。だからこそ、マイホーム購入しようと思ったら、早めのうちから対策と準備しておくといいでしょう。

頭金を貯める

頭金を貯めるコツはネットにたくさんのコツが探せると思います。方法も実に多岐に富んで様々ですよね。だけど、なかなか・・・というかたも多くいらっしゃると思います。家計のやりくり、投資で増やす、収入減を増やす、所得を増やす努力をする。やりくりの必要な家計を、ただ”節約節約”では我慢やストレスが増加する一方ですし、”増やすぞ!”と意気込んで元手を失うことも多々ありますし、仕事を増やして本業に身が入らない、なんてことでは元も子もありません。

要は、

収入>支出

になればいい、というシンプルなものだけど、 数ある家計のやりくりや貯金の方法がある中で、

  • 楽しんでできる、自分に合った方法を見つけること
  • 行動、選択肢の一つ一つを意識すること

なのではないかと、個人的に考えています。

両親などからの援助も視野に

マイホームを購入する約半数のかたは、多かれ少なかれご両親や親族からの資金援助を受けています。住宅取得のための贈与の場合、贈与税が非課税になったり、相続税対策にもつながる場合があります。是非ご家族で相談されてくださいね。

参考:直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

関連記事

PAGE TOP