老後の資金不足を自宅を担保に借入できるリバースモーゲージ

定年後の生活を貯蓄や年金で不自由なく生活できるなら問題はないですが、「年金だけではとても足りない」というかたも多いのではないでしょうか。増してや今後の年金制度や加入状況や、定年後の生活費の確保についての不安をお持ちのかたも多いと思います。

実際に、年金だけでは足りずにアルバイトを掛け持ちして生活されているかたも多くいらっしゃいます。

まだまだ働きたい!と体や頭を動かして社会に関われるメリットを考えて、自分の意思で率先して楽しみながらアルバイトする。もしくは、生活のために仕方なく働くことは、同じ「アルバイト」でも全く違ってくると思います。

リバースモーゲージの仕組み

ご存知かもしれませんが、最近広く知ららてきた『リバースモーゲージ』を簡単に説明すれば、年金などの現金収入の不足や貯蓄などの資金不足の際に直面したときに、自宅を担保に生活費などの融資を受けられる制度です。

まとまった資金を工面するために自宅を売却する必要がなく、住み続けられるメリットがあるのが大きな特徴です。そのため、一つの選択肢としてリバースモーゲージを活用する。そんな方法もあります。

特徴としては、

  • 自宅を売却することなく、融資が受けられる
  • 資金の使い道は生活資金やリフォーム資金、レジャーなど自由。
  • 返済期間中は利息のみで負担が少ない

といったメリットがあります。詳細や条件は各金融機関によって違うけれど、持家があるけど、今現在資金繰りや生活費に窮している人や金融資産を減らしたくないという場合には有効的です。

リバースモーゲージのデメリット

もちろん、いい面だけではありません。
これも一つの借金ですから、借入れをするには、事前に把握しておかなければならないデメリットも存在します。

期間満了か死亡か、どちらか早いほうで一括返済するのが一般的なため、返済が困難な場合は、保証人か子などの相続人に承継されるか、抵当権を行使して競売にかけられることになります。

また、期間よりも長いし長生きした場合や、その間に担保評価が下がることも想定に入れなくてはなりません。

そのため、結局は利息分を含めて全額返済することになるため、事前にある程度、先の想定をしておかないと、あとあと「こんなはずじゃなかった」という事態になる可能性も生じてきます。

リバースモーゲージは効果的に活用できるかできないかの判断で選びたい

『自宅』という保有資産をもっていたからといって、立場上安易におすすめはできません。借りるメリット、デメリットを数十年先まで想定した上で、活用になるのかを判断する必要があります。

目の前の瞬間が、選択肢の連続

私たちは、瞬間瞬間が選択肢の連続です。

行くか、行かないか。
電車にするか、飛行機にするか。
何かを問われて、どう答えるか。
家を購入するか、賃貸にするか。
不動産投資を始めるか、それとも株や投資信託、FXにするか。

そんな目の前の選択肢に対し、「良さそうだから」「勧められたから」「みんながそうしているから」という安易な判断は、デメリットな点に蓋をして考えてしまいがちです。

ライフプランの作成をおすすめする理由

私がライフプランのシミュレーションをおすすめする理由は、”人それぞれの人生が違うから”というのが一つ、もう一つは”自分らしく設計し運用していくために”効果的だからです。

お子さまのいる家庭、いない家庭
親との関係
仕事の特徴と優先度
好みのライフスタイルとライフワーク

事前に自分の意思で目的とルートを模索しておくことで、様々な不測の事態に遭遇してもゆとりが持てたり、的確な判断が下せるようになったり、ルートを変更することになってもブレることなく、最適な判断を下せるようになる。

そして、将来自宅を貸したり、売却したり、担保にして融資を受けることになったとしても、より高い評価の物件を選んでいくことで、困ったときに助かる存在として力を発揮してくれるのも不動産の特徴といえます。

関連記事

PAGE TOP